健康美容ブロガーbyユメカル

vegan・マクロビ・ベジタリアン情報


読谷村グリーンリーフ:オーガニック商品だけじゃなくカフェもおすすめ

      2017/01/06

沖縄のオーガニック食品を取り扱うお店で、超がつくほど有名なグリーンカフェは読谷と北谷店があります。カフェは読谷店だけなので、食事を食べたいという人は、グリーンリーフ読谷店がオススメです。

この記事がオススメな人

#読谷 #北部 #沖縄観光 #カフェ #ビーガン

沖縄読谷:マクロビオティックショップのマザーズアイ

沖縄ビーガンカフェ中部読谷村の『自然いぬ』の食レポ!

読谷村グリーンリーフ:オーガニック商品だけじゃなくカフェもおすすめ

お店のこだわりもすごい(グリーンリーフさんのホームページより)

 

食材へのこだわり

カフェで使用する食材は、当店の商品取扱基準を満たしたものであることはもちろん、下記のこだわりを持ってご提供しております。野菜・果実などは、有機農産物、または農薬や化学肥料を一切使用せず持続可能な農法により栽培された農産物であること、化学調味料は一切使わないこと、使用する加工食品は、合成添加物(人工甘味料、着色料、香料、保存料など)を一切使わずに加工されたものであること、卵や肉類については、抗生物質やホルモン剤などの化学物質を一切投与せず、平飼いなど動物にやさしい環境で飼育されたものであること、甘味料には、お砂糖を使わず、低GIの有機アガベシロップを中心に使うこと (一部、メープルシロップ、ココナッツシュガー、きび糖などを含む加工食品を除く)

お米は、白米ではなく、栄養価の高い有機玄米または有機発芽玄米を使うこと (現在は、当店で自家発芽させた有機発芽玄米を使用)

栄養価の高い雑穀類、スプラウト、スーパーフード、ナッツ・シード・ドライフルーツ類などを積極的に使うこと

 

読谷グリーンリーフのメニュー

ビーガン(ヴィーガン)や、マクロビ、ベジタリアンの方にも選べるメニューが豊富

ガッツリ食べたい人(男性向け?)には、グリーンリーフの焼き野菜カレー、ソイタコライスがオススメです。


ユメカルが選んだメニューは、アサイーボウル !冷たくて、デザート感覚で食べられて暑い日には、ピッタリのメニュー、見た目もわかるように、フルーツがたくさん入っています。また、アサイーなどのパワーフード、お腹が膨れるので、少なく見えても案外おなかいっぱいになるんです!

ベジツナマヨベーグルプレート、コーンスープも、ベーグルも、美味しく頂きました。どちらのメニューも見ためから楽しめるメニューでオススメです!カメラに課題があるユメカルでも美味しく見える写真をとることができました。

グリーンリーフショップ

やっぱりグリーンリーフに来たらショップも覗きたいです。デパートや、スーパーにはなかなか見かけ無い、有機JASマークの離乳食も発見、子供の食と健康は親が守る!

外出するときには便利なのでオススメ食品↓

有機まるごとベビーフード
かぼちゃペースト初期5ヶ月頃から

先ほど紹介したアサイーボウルの材料はどれも有機JASマーク!新鮮な野菜も多いのでショップだけでも覗きに行くのもオススメです。

読谷グリーンリーフの店舗詳細・場所・営業時間

営業時間: 10:00~19:00
(カフェ: 07:00~19:00)

営業日:毎日営業

住所
〒904-0325 沖縄県中頭郡読谷村字瀬名波224-17

224-17 Senaha, Yomitan-son

行き方・目印
国道58号線(嘉手納方面)より県道6号線を残波岬向け。残波入口交差点100m手前左側。または、瀬名波交番の斜め向かい。

TEL: 098-923-3870
FAX: 098-923-3871

読谷にカーナビで行ったことがある人はわかるかもしれませんが、Map情報が正確にでてこない場合があります。スマートフォンの地図アプリも参照して、位置情報に間違いがないか調べてみてください。

 

 - Cafe